March 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ふっくら指輪はカーネリアンがアクセント

ふっくら指輪はカーネリアンがアクセント。

宗教画の中では、リンゴを持った裸婦はイヴとみなされるそうです。小粒のきれいなオレンジの天然石を生成りのような色をした大理石&大きめの染のパールとあわせて、ふっくらとした女性らしい指輪を作ってみました。リンゴ&女性の肌のようなイメージにできあがっているでしょうか?

ふっくら指輪はカーネリアンがアクセント

カーネリアン(Carnelian紅玉髄)とは、オレンジ色や赤褐色をしたカルセドニー(玉髄)のことをいい、7月の誕生石になります。とてもきれいな色をしています。同じような天然石でも、網目模様があるもは瑪瑙といわれています。紀元前2500年頃のメソポタミア王墓からもカーネリアンが使用した装飾品が発掘されるなど、古代エジプトや世界中で装飾品として愛されていました。そしてナポレオン一世が生涯大事にしていたのはカーネリアンに彫刻された八角形の印章。昔からカーネリアンは、「魔除け」や「幸運のお守り」として用いられてきたそうで、エジプトのツタンカーメンの遺跡からも、装飾品が見つかっています。

2WAYパーティーネックレス

これからのシーズン、クリスマス、忘年会、新年会や帰省と集まる機会が増えますね。そんな時におすすめなのは、この2WAYパーティーネックレス。ガラスのビーズがキラキラ輝いています。スーツの上にも品よくおさまりますし、トップスをはずしてシンプルネックレスとしても使える優れもの。お色は、緑系・ピンク系・ベージュ系で作ってみました。

紺のスーツにも合いますので、お仕事の時にさりげなくつけてもお洒落です。

2WAYパーティーネックレスをスーツにつけて

2WAYパーティーネックレスはトップスをとってシンプルなネックレスとして使うこともできます。
2WAYパーティーネックレスはトップスをとって使ってもお洒落です

トップスは三種類のサイズのビーズで丁寧に編みこみました。
2WAYパーティーネックレスのトップスは三種類のビーズで編みこみました。

かんざし気分

先日ご紹介したムーアカイト。お正月、おしゃれな着物で、初もうで。髪を彩ってくれるかんざしを作ってみました。大人だって、七五三のような、ぶらぶら揺れるかんざしをしてもいいですよね。

ムーアカイトのかんざし

並木道

すっかり寒くなりました。今日みたいに空には雲一つなくぽかぽか陽気だと、散歩をしたくなります。並木道を歩いていたら、風にのって葉っぱがゆらゆらと落ちてきました。木々の葉が黄色から茶色の輝きを見せてくれます。

まるで私の好きな琥珀のよう。アラビア語に由来するamber(琥珀)ですが、木の樹脂が地中に埋没し、長い年月により固化した宝石です。半化石樹脂や半化石の琥珀は、コーパルといいます。バルト海沿岸で多く産出するため、ヨーロッパでは古くから知られ、宝飾品として珍重されてきました。

あじさいの花のような琥珀の指輪

そこで、葉が風に負けまいと頑張っているところのワンショットを切り出し作ったのがこの指輪。あめ色の集まりが素敵です。

琥珀は、ほかの天然石とも合います。この指輪はプティ淡水パールと赤ワインのようなガーネットではさんでみました。

琥珀の指輪

そしてこちらはアメジストとバルティック・アンバーの指輪。黄色の琥珀、紫がきれいなアメジストと合わせて、パンジーの花のような仕上がりに。色合わせのマジックで、インパクトある出来栄えです。

アメジストと琥珀の指輪

赤ワインのようです

シックな赤色をしたガーネット。まるで赤ワインのようです。赤ワインを飲みたい夜、例えばお仕事が終わったあとにつければ、手元がぱっと明るくなります。

赤ワインのようなガーネットの指輪。小粒のガーネット×パール。小粒のパール×ガーネット。この二つをちょっと大きめのガーネットに合わせてみました。

1月の誕生石として知られるガーネット(柘榴石garnet)は、『実りの象徴』とされ、目標に向かい、コツコツと積み上げてきた努力の成果を実らせて、成功へと導いてくれるといわれています。中世ヨーロッパ時代ではこの石が示す赤色が『一族の血の結束』を表すとして王家の紋章として尊ばれてきました。深みのある茶色に近い赤色です。

赤ワインのようなガーネットの指輪


紅葉や南天のような彩りのムーアカイト

心と身体を安定させるといわれている天然石のムーアカイト (mookite)は、オーストラリアの原住民アボリジニーから大地の石として大切にされてきました。この天然石、京都を歩いていた時に見た紅葉を思わせる色とりどりのお色が素敵です。そして、我が家の南天も実がなりましたが、冬になるとと赤や黄色の南天がお花屋さんに並びますね。ムーカイトは、そんな実のような可愛らしい天然石です。

そこで、クリスマスも近いことですし、その中でもえんじ色のムーアカイトを選んで、大理石と染のバロックパールを合わせてみました。

えんじ色のムーアカイトの指輪

そして、せっかく色とりどりですから黄色南天のイメージで指輪も作ってみました。といっても比較的落ち着いた色合いで、ベージュや茶色のムーアカイトに染のパールを合わせてあります。

ベージュと黄色のムーカイトの指輪

ホームページのデザイン

石の色合わせをしている時と同じぐらい楽しいのは、
ホームページのデザインを考えている時。

クリスマスみたいに赤と緑〜と思い赤と緑でスタートしたものの・・・
見るたびに色が強すぎて目がちかちかする。
これはユーザビリティが悪い。
ということで、私好みのデザイン、ピンクのデザインに変更。

***ポイント***
フッター部分に冬らしいさを出す雪山の画像をいれてみました!

momolithのホームページ ピンク色 ロゴ部分

momolithのホームページ ピンク フッターの画像

十字架(クロス)のネックレス

最初にどんな作品を作りたいかと考えていた時にデザインしたのがこちらのクロス。

チェコのファイヤポリッシュというビーズをベースに、ほかのガラスビーズを編みこんでいるのですが、表側と裏側のデザインを変えることで、その日の気分で使い分けできるようにしてみました。

ポイントは表側のステッチ。このデザインがとてもしっくり、そしてびびっときて、採用となりました。とても可愛らしく、姫らしくできあがったと思います。

ヨーロッパの田舎の修道院を思い描きながら作りました。とにかくビーズの数が大小とても多いのでお時間がかかっています。

表はステッチ入り。
十字架 クロスのネックレス

裏はシンプルに。
十字架 クロスのネックレス 裏から見たところ

ロゴに使用したピンクの石

ロゴに使用したピンクの石、とても可愛らしいんです。

手前にあるのは、ルビーとサファイアのミックスの連。

ルビー(Ruby、紅玉)はコランダム(鋼玉)のうち赤いお色を称します。7月の誕生石です。ルビーと同じコランダムのうち、赤以外のお色のもの全てをサファイア(Sapphire、蒼玉(青玉))と称します。 サファイアは青のイメージですが、青、緑、黄、橙、紫、ピンク、無色などのお色があります。9月の誕生石です。 かつて青色のサファイアは、油絵に使われる青の顔料だったそうです。フェルメールの青、ラピスラズリみたいですね。

ロゴに使用したピンクの石の画像

左右にあるのはスピネルです。スピネルの和名は尖唱石(せんしょうせき)で、ラテン語の「とげ」を意味する「spina」が語源とされ、丈夫な石です。無色または半透明で、赤色、青色、緑色、黄色、褐色などがあります。とくに右側にあるチップのレッドスピネルは人気が高く、研磨されていると高級な石となります。

そして真ん中にあるのはパールですが、こちらは白色です。まわりの石の色の美しさが映えるかなと思いアレンジしてみました。

ショップ momolith オープンしました。

あっという間に師走。
あと一か月もすれば新しい年を迎えます。
8月にwebdesignの学校に通い始めてから12月1日を目標にし、自分の手作り作品を販売できるサイトを始めようと思っていました。そしてとうとう本日オープンすることができました。

クリスマスが近いこともあり、背景を赤ハート、リンクの色を緑植物にしてみました。

ショップmomolithトップページの画像クリスマスバージョン


構図を考えたりしているだけで、時間が過ぎてしまい作品数はまだまだ少ないのですが、少しずつアップしていく予定でございます。

どうぞよろしくお願いいたします。
<<back|<171819202122
pagetop